はこでごはん

カテゴリ:映画箱( 31 )




シャンプー台のむこうに

きゃー;;昨日映画2本見たって言うのに感想1本しか書けなかったっ;今日は買い物した以外特に何も無かったので、代わりに感想書きますよ~^^;

昨日見た映画2本目は"シャンプー台のむこうに"。
正直あんまり期待してなかったんだけど(汗)、いい意味で裏切ってくれましたよー^^♪

*ストーリー*
イギリスの片田舎で、全英ヘアドレッサー選手権が開催されることになった。若手美容師ブライアン(ジョシュ・ハートネット)は10年前に父を捨ててモデルのサンドラ(レイチェル・グリフィス)と逃げた母・シェリー(ナターシャ・リチャードソン)のすすめで、選手権に挑戦することを決意する。しかし、元王者の父・フィル(アラン・リックマン)はそれをよしとしない。
絶縁状態だった両親とサンドラは仲を回復できるのか。王座を狙うライバル・レイ(ビル・ナイ)の罠から逃れて、ブライアン達は無事チャンピオンになることができるのか・・・。

*感想*
とってもいい映画でした!大会のシーンは奇抜なヘアースタイルがカラフルで楽しいし、その他のシーンでは俳優さんが魅せてくれましたよー。ジョシュはちょっとしゅんとした頼りなげな表情がかわいくて、ステキなイギリス人青年でしたvそういえば彼はアメリカ人だよねえ。でもその父役のアラン・リックマンはイギリス人ですね。リックマンの映画は"ギャラクシー・クエスト"と"ダイ・ハード"と"ハリー・ポッター"シリーズを見てるのですが、この映画が一番よかった!彼の渋さ炸裂☆でした。"ギャラクシー・クエスト"のあのむっすりしたしかめっ面もよかったけど、この映画で時々見せるお茶目な表情にもうやられました。ステキすぎる!(笑)"ハリー・ポッター"のスネイプ先生みたいな陰湿な感じもないしねえw足の裏の刺青にはやられたなあー^^;ナターシャ・リチャードソンもレイチェル・グリフィスも美人さんだったしねえ。
色使いも全体的に渋い感じで、イギリスの雰囲気らしくって好き。離れ離れだった家族が再生してゆく様は、見ていて心が温かくなります。とてもステキ映画でした☆
[PR]



by hacohako | 2005-05-30 23:20 | 映画箱

エバー・アフター

今日は映画三昧(笑)2本も見てしまいましたよ^^;
まずは一本目。"エバー・アフター"です。

*ストーリー*
誰もが知っている御伽噺「シンデレラ」を題材にした映画です。だけどこのシンデレラストーリーには、かぼちゃの馬車も魔法使いも登場しないのです。主人公のダニエル"シンデレラ"(ドリュー・バリモア)は、自分の力で運命を切り開いていく強い女性だった・・・。

*感想*
ドリュー・バリモアがすごくかわいかったー。ふわふわした雰囲気がかわいらしい人ですねえ。対する王子様(ダグレイ・スコット)が微妙だったけど^^;
でもまあ、キャストはすごくいい感じで、継母の悪ーい人っぷりとか、お姉さんのいじわるっぷりもよかったねえ。
原作を壊さないように作られてる感じだけど、でも私は原作より好きかなあ。頭のいいシンデレラがピンチを切り抜けていく様が、見てて気持ちよかった。
脚本も上手かったと思う。セリフのセンスがすごくよくて、簡単な言葉なのにぐっと来たり、笑わせられたり。演出も、テンポがよくて飽きない。テンポはいいのに、始まりからラストまでの話運びが慎重で、説得力がある。とってもいい映画でしたよー♪
[PR]



by hacohako | 2005-05-29 23:29 | 映画箱

フック

今日はバイトの前に映画を見ましたよ~|・∀・|ノシ
ロビン・ウィリアムズとダスティン・ホフマンの"フック"です。

ネバーランドを去り大人になったピーターパン。仕事に生きる彼ですが、突然彼の2人の子供が誘拐されてしまうのです。ドアには剣で留められた脅迫状。差出人はジェームズ・フック船長。ピーターは大切な息子と娘を助けるため、迎えに来たティンカーベルと共に再びネバーランドに戻ることに。。。というお話。

だいすきなロビン・ウィリアムズの映画なのでとても楽しみにしてたのだけど、やっぱり期待通り!(笑)だいすきです、ロビン・ウィリアムズ。なんであんな少年のような輝く瞳をいつまでも持っていられるんだろうねえ。仕事をしてたときと、ネバーランドにいた頃の自分を思い出したときと、瞳の輝きが全然違うの。仕事人間だったときはあんまりロビン・ウィリアムズ"らしくない"感じだなあと思ってたけど、やっぱり彼は彼だった(笑)生き生きと空を飛ぶ姿を見てるとワクワクして、自分も空が飛びたい!って思っちゃう。イマジネーションを引き出すあの楽しそうな表情がステキです。
そしてダスティン・ホフマン!彼の映画は"クレイマー・クレイマー"と"レインマン"をちょこっとだけだったんだけど、いいねえ!(笑)フック船長がはまり役でとても面白かった。「おれは自殺するぞ!止めるなよ、スミー。いいか、絶対に止めるなよ・・・・・・早く止めろよ!」ってシーンがすごく面白かった。で、ようやっとスミーが止めに入ると、拳銃からさっと手を離して「なんてことするんだスミー。もっと早く止めろ。危ないだろ」っていうのにまた笑う^^;ううーんいい味出してました。狡猾で卑怯な悪者のはずなのになぜか憎めないのはそういうところがなんだかかわいらしいからかなあ(笑)
それからティンカー・ベルのジュリア・ロバーツがめっちゃかわいかった。手足をいっぱいに伸ばしてちょこまか動く、元気いっぱいなティンクがチャーミングで、見てて楽しかったなあ。一瞬大きくなるけど、やっぱちっちゃほうがかわいい。そしてジュリア・ロバーツのにっこり笑顔はいつ見ても好き。かわいいもん。

ストーリーが単純で結末が読めるだけに、キャストの魅力がよく見えた気がする映画でした。
↑に上げた俳優以外にも、ウェンディとかスミーとかトゥートゥルスとか、いいキャラがいっぱいなので、休日のちょっとした空き時間にのんびり見るのにはとってもオススメです♪
[PR]



by hacohako | 2005-05-21 23:19 | 映画箱

交渉人 真下正義

今日は妹と映画見てきました(・∀・)今日から公開の"交渉人 真下正義"です。
2004年のクリスマス・イヴ。警視庁初の交渉人・真下正義警視は、地下鉄をパニックに陥れる姿なき犯人との交渉を繰り広げる。200万人の乗客を人質にとられ、真下警視はこの"ゲーム"に勝つことができるのか・・・というストーリー。

去年の"踊る大捜査線 THE MOVIE2"は、色んな事件がいくつも起こって、それがラストで一気に解決するって感じだったけど、今回の映画はちゃんと1つの事件を追いかけていくお話なので、一点集中できてよかったかな。
"踊る大捜査線"定番のキャラクターやおなじみの"カエル急便"とか、いろいろ細かい仕掛けもあって楽しかった。"踊る~"以外のドラマからも何人かゲスト出演があって、あとでパンフレット見て気付いたり^^;細かいなあ。すごいなあ。
また登場人物も魅力的な人ばっかりで。まあ真下警視は主人公だしかっこいいのは当たり前なんだけど(ユースケ・サンタマリアが今までで一番かっこよく見えたよ!笑)、木島警視(寺島進)とかシブい!これぞ現場のたたき上げの刑事って感じで。昔よく観たTVシリーズの"はぐれ刑事"とかそんな雰囲気が好きです(笑)TRR司令室の片岡文彦指令長(國村隼)もシブい!ちょっと頑固で一本気なところがステキたったなあ。あとSATの草壁中隊長(高杉亘)もいい!眉間の皺の寄り具合がなんとも言えない。。。(笑)あとね、マエストロの前主十路(西村雅彦)とか、線引き屋の熊沢鉄次(金田龍之介)とか、爆弾物処理班班長(松重豊)もステキ゚+.(・∀・)゚+.゚こういう魅力的なキャラクターがたっくさん出てる映画はやっぱ楽しいですね♪しかも、ちゃんとそれぞれの登場人物に、その人の人生背景が見えるような脚本と演出があるのが好きだな。キャラ作りがしっかりしてるから、内容も濃いし、見てて楽しいんだよね。
それにしても、犯人に乗っ取られた地下鉄、通称<クモ>が非常に恐い!(笑)あのライトとか、フォルムとか・・・無機質な感じがすごく異質で、無言の重圧って言うか。。。とにかく恐かった。あの迫力はすごいね。

最後、謎を残したまんま終わってしまったのがちょっとスッキリしないような気もするけど、でもそれをカバーして余りあるほどの楽しい映画でした♪ありがとうございましたっ!
[PR]



by hacohako | 2005-05-07 22:49 | 映画箱

Shall We ダンス?

今日の金曜ロードショー♪めずらしく真面目に見てました^^;
久しぶりの邦画は"Shall We ダンス?"。平凡なサラリーマンが、社交ダンスを始めて色んな人と出会う、この映画。・・・って、あまりにも有名すぎるのであらすじいらずですね(笑)

"Shall we ダンス?"を真面目に見るのは初めてだったんだけど、すっごくおもしろかったです^^草刈民代さんがキレイ゚+.(・∀・)゚+.゚役所広司さんもシブいですしね。
竹中直人さんが面白くって面白くって。。。あのキモい(汗)ダンスとかね!
とっても楽しくて、ちょっと切ない映画でした。

一番面白いのはやっぱトイレで役所さんと竹中さんが踊ってるところかな^^
母がこのシーンを見て「これをリチャード・ギアで見たい~!」っておっしゃった。同感です!
[PR]



by hacohako | 2005-05-06 22:14 | 映画箱

ナインスゲート

d0017960_21454395.jpg今日は映画の感想♪ジョニー・デップの"ナインスゲート"です。

本の探偵、ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、欲しい本を手に入れるために金を惜しまない収集家、ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)に悪魔についての本「王国への扉の九つの扉」の真偽を確かめて欲しいと依頼を受ける。しかし、その本を預かってからというもの、仲間のバーニー(ジェームズ・ルッソ)が何者かに殺害されたり、コルソ自身も命を狙われるようになる。あと2冊あるという「九つの扉」を求めて旅に出るコルソは、謎の女性と出会い、さらに謎の渦中へと巻き込まれていく・・・っていうお話。

ジャンル的にはオカルトミステリーかな。ちょっと"インディ・ジョーンズ"系かも。
面白かったケド・・・ラストがううーん?って感じだった。
悪くないんだけどね、あれれ、これで終わり?てちょっと焦る(笑)
んんー、なんかちょっと中途半端なんよね。それが悪いって事じゃなくて、私的にスッキリしないってだけなんだけど^^;例えば、あの謎の女の子。途中空飛んでるじゃん!女の子は人間じゃないのかなぁって訝ってたら、謎のまんま映画終わっちゃうの;;
んでも、途中本の謎を追いかけるとことはなかなか面白かったなあ。本の挿絵の間違いを見比べてる時は、ちょっとドキドキした。

あとね、やっぱジョニー・デップですよ。渋いなあ。眼鏡が似合うなあ(笑)
キリっとまじめに謎解きしてると思ったら、ひょっとした瞬間に"素"の表情を見せたりするところが、うまいって言うか、ジョニー・デップらしいっていうか。。。(遠い目
んんー、とてもステキだったけど、やっぱりジョニー・デップは19世紀で刑事やってたりちょっとイカれた海賊やってたり妹の恋人だったりするほうが好きかもっ(笑)

次のジョニー・デップ。狙うは"シークレット・ウィンドウ"かな。結構評価は低いみたいだけど・・・でも実際見ないとわかんないしね!楽しみにしておきますー♪
[PR]



by hacohako | 2005-05-03 22:30 | 映画箱

K-PAX 光の旅人

今日は暑かった。。。真夏日ですね。掃除してたら汗だくになてしまたよ・・・;;

さて。今日は久しぶりに映画を見ました!ケヴィン・スペイシーの"K-PAX 光の旅人"。

自らをK-PAX星から来た宇宙人だと名乗る不思議な男プロート。彼のカウンセリングを担当したパウエル医師は、精神病院の入院患者たちを快方へと向かわせるプロートの不思議な力に、彼が本当に宇宙人ではないかと信じるようになり。。。っていう、ちょっとファンタジックなSF映画でした。少しサスペンスな要素もあったかな。

ちょっと話運びがのんびりすぎる印象だったけど、プロートに催眠療法をはじめたあたりからどんどん面白くなって、ラストのほうはネタは読めてもオチがわからないって感じがよかったな。

ケヴィン・スペイシーの柔らかい表情がすてきだった。患者さんたちの病が治っていくのも見ててうれしくなるし、ブルーバードを見つけたシーンは心が躍って、私も一緒に歓声上げたくなるくらい(笑)パウエルと息子の再会シーンにはちょっと泣きそうになったし・・・p_q
ロバートの過去は悲しかったけど、プロートの帰ってしまった後のロバートの緩い微笑にすこし希望が見えるような気がしたなあ。

結局プロートが宇宙人だったのかそうでなかったのか、曖昧に濁して終劇したのがよかったな。大切なのは、そこじゃないんだよね。観る側に判断を任せてる、この曖昧さがいい。私はK-PAX星を信じたいけど、ね。
[PR]



by hacohako | 2005-04-29 14:47 | 映画箱

フラッシュバック

d0017960_0234889.jpg2日連続映画を観てしまった・・・(汗)どんだけ暇人だよって感じですが。まぁ気にしない。
今日見た映画は"フラッシュバック"。昨日と同じくサスペンスモノ・・・ていうかこれは恋愛モノ?ストーリーとしては、男女3人の三角関係とその間で起こる事件の真相は・・・?みたいな感じ。
タイトルどおり、本編では過去の映像をフラッシュバックしながら話が進んで行くんだけど、それは"メメント"みたいな感じで面白かった。けど、ちょっと内容的に薄いかなーって気はした。
恋愛モノにしてはアランとデビット、ジェニーの感情の描き方がちょっと弱い感じもしたし、サスペンスとしては、ジャケットで強調しているラストの衝撃が弱い。
面白くなくはないけど、ちょっと中途半端な印象を受ける映画でした。
もちょっと刑事さんとかが出張ってくると面白かったかなー。あんなアッサリだまされちゃっていいのかよ!って思ってしまう~^^;
[PR]



by hacohako | 2005-04-15 22:35 | 映画箱

”アイデンティティー”

d0017960_0212152.jpg今日の映画はジョン・キューザックの”アイデンティティー”。
"セレンディピティ"、"コン・エアー"に続いて3作目のキューザック出演作品でした。この映画、すごく面白かった!アガサ・クリスティ的なミステリーが好きな人にはオススメ!
ストーリーは、大雨の日にモーテルに閉じ込められた10人が、順番に殺されてゆく話。ちょっと"そしてだれもいなくなった"に通じる感じでしょ?ところがどっこい(死語)、衝撃のラストが待っているのだ!・・・なんて、ちょっと大袈裟かも。途中でわかる人にはわかっちゃうと思うなぁ。
すばらしいのは上手に張り巡らされた伏線。気付きそうで気付かない、ギリギリのところを狙ってくるところが、上手いなあって、感心。後でもう一回初めから見ると、"これはこういうことだったのかー!"って納得するんだよね(笑)
あとはね、ちょっとネタバレになるかもだけど、あのモーテルの世界と現実世界のリンクのさせ方がよかったな。どっちも雨が降ってるから最初は気付かないでしょ?でもだんだん二つの世界がズレてきて、「あれ?」ってなったところで、謎が解ける。この流れがすごいね。
最後はちょっぴり後味悪いけど(汗)、でもホントに面白い映画だった。観た後に「ふぅー!」ってため息ついちゃうね(笑)

キャスト的には、やっぱり主演のジョン・キューザックがよかったなぁ。あの真摯な感じの瞳が何回観てもいい感じ。あと、マルコム役のプルート・テイラー・ヴィンスの演技も上手だったな。ゆらゆら揺らぐ瞳とか、ちょっと遠くを見た微笑とか・・・。この人、"コンスタンティン"にも出るんだね。チェックしよう!

こういうミステリー系の映画で揺ぎ無い私的ナンバーワンは"真実の行方"かなぁ。
ベテランのリチャード・ギアを、エドワード・ノートンが完全に食ってるっていうのがすごい(笑)
あれは法廷ものだったからこの映画とはまたちょっと違うものもあるけど、ラストの衝撃的には”アイデンティティー”も"真実の行方"も同じぐらいガツンとくるね。
あーあと"ゴスフォード・パーク"もよかったな。コレはホントにアガサ・クリスティだった(笑)大きなお屋敷に、たくさんの上流階級の人々とその使用人たち。そこで起こる殺人事件。メイド達の間では主人達の噂話が飛び交って。。。みたいなストーリー。とにかく登場人物が多くって、混乱しまくり!でもあの雰囲気はすごく好きだなぁ。クリスティの小説を映像で見てる感じがして。

んんーやっぱこういう映画すきだなぁ(笑)次は何を借りてこようかなー♪
[PR]



by hacohako | 2005-04-14 23:23 | 映画箱

コールド マウンテン・火山高・コン・エアー

今日はバイト以外ずっとぐだぐだしてたので、溜まってた映画の感想を書きます♪

d0017960_23413580.jpgまずは"コールド マウンテン"。
舞台は南北戦争時代のアメリカ。父を亡くしたエイダ(ニコール・キッドマン)は、戦地へ行ってしまった恋人インマン(ジュード・ロウ)へ、手紙を送る。「帰ってきて・・・」。手紙を受け取ったインマンは、傷をおして戦場から脱走。雪深い山を越えて彼女の元へ急ぐ。一方エイダはルビー(レニー・ゼルウィガー)と共に農場を建て直し、2人で逞しく生きていた・・・。って感じの話。
この映画、レニー・ゼルウィガーが素晴らしかったです。初めて彼女の演技上手いじゃん!って思った・・・^^;まぁレニーはコメディしか見てないから何とも言えないけど。アカデミー賞助演女優賞を受賞するのも頷けるほどの迫真の演技。「バカなのは男たちよ。自分達で雨を降らせて、"大変だ、雨が降ってきた"って騒いでる!」ってセリフがすごく真に迫っていて、胸を打たれたなぁ。。。なかなか目を覆いたくなるほどの残酷なシーンも多くてしんどかったけど、とても映画でした。インマンのことは切なかったけど、なんとなくハッピーエンドだし。ニコールが非常に美しかったな。
戦争の時代が舞台だけど、戦争映画って印象はない。どちらかというと恋愛映画だけど、普通の恋愛映画よりももっとヒューマン。主役を食うほどのレニーにとにかく感動させられました。

d0017960_2345422.jpg次は"火山高"。
韓国映画です。"天国の階段"ですごーくかっこよかったクォン・サンウが出演vってだけで借りた映画だけど、なかなか馬鹿馬鹿しくて楽しい映画でした。
ストーリーなんてあってないようなもので、空飛んじゃったりとか、カメハメ波みたいなの出しちゃったりとか、何でもアリ。とにかく映像がすごかったなぁ。
"ホテリアー"って韓国ドラマに出てた俳優さんが強い先生の役で出てて、とても渋くてステキだった。クォン・サンウも脇役ながら相変わらずステキvちょっと若くて、学ランがステキでした。

d0017960_23473542.jpg最後は"コン・エアー"。
囚人を護送する飛行機、コン・エアー。正当防衛による殺人の刑期を終えたキャメロン・ポー(ニコラス・ケイジ)は、いまだ見ぬ娘と対面すべく、凶悪犯たちと共にコン・エアーに乗ることになる。しかし、囚人たちはある計画を企んでいて・・・。
いかにもハリウッド!なアクション映画。爆発シーンがとにかく派手で、ちょっと呆れるくらい(笑)でも、マッチョマンなニコラス・ケイジが強くって、今まで彼のヒューマンな感じの映画しか見たことのなかった私には新鮮に映りました。私的に注目なのはヴィンス・ラーキン役のジョン・キューザックかな。"セレンディピティ"では柔和なイメージを持ってたけど、今作ではきりっとした一生懸命な眼差しが印象的でした。
飛行機アクションといえば"エア・フォース・ワン"もよかった。よくテレビでやってるけど、テロリストに乗っ取られた大統領専用機でテロリストと戦う大統領のお話。
ハリソン・フォードがホントに大統領っぽくて渋かった。しかも強い!あと、女性の副大統領がかっこよかった記憶があるなぁ。。。
同じ飛行機アクションでも"コン・エアー"は地上でのシーンも多かったから、その分"エア・フォース・ワン"よりもド派手な印象かな。どっちもハッピーエンドだから、安心して見られますよ♪
[PR]



by hacohako | 2005-04-10 22:28 | 映画箱

のんきに生きる新社会人〔あや〕が映画の感想とかを放り込むブログ
by hacohako
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

『Wii』おどるメイドイ..
from 任天堂で遊びましょ
ブレイブストーリー厳選サ..
from ブレイブストーリーまとめさいと
ナルニア国物語 第1章:..
from 日々、書く、えいが、おんがく..
【邦画】交渉人 真下正義
from ハサウェイのシネマ!シネマ!..
とろとろたまごがすばらし..
from KIMAGUREに思ったこと
パイレーツ・オブ・カリビ..
from 東京ミュービー日記
コメダコーヒーのシロノワール
from デジカメ写真日記
2006年最大の話題作 ..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
パイレーツオブカリビアン2
from あっくんの秘密日記
アンダーグラフ - 素晴..
from こんなアルバム発見!

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧